OTT多チャンネルサービス

OTT多チャンネルサービスの収入

これまで大学のキャンパス向けにブロードバンドベースの多チャンネルサービスを提供してきたPhiloもコンシューマ向けのサービスを始めた事で、OTTで多チャンネルサービスを提供している事業者は8社になった。

OTT多チャンネルサービス
サービス

開始時期

推定加入者数

Sling TV(Dish)

2015年2月

200万人

PlayStation Vue(Sony)

2015年6月

30万人

DirecTV Now(AT&T)

2016年11月

120万人

Fubo TV

2017年2月

10万人

YouTube TV

2017年4月

30万人

Stream

2017年6月

10万人

Hulu with Live TV

2017年7月

45万人

Philo

2017年11月

NSI Research

続きを読む

VerizonのOTT多チャンネルサービス

VerizonのOTT多チャンネルサービスは遅れているが、2018年の春から夏にサービスが開始になる予定である。TechCrunchによると、VerizonはOathが保有するTechCrunch、Engadget、Huffington Post等とサードパティーのコンテンツ事業者を使い、他

続きを読む →

ConsolidatedがFuboTVを提供

中小規模のケーブルTV事業者を代表するNational Cable Television Cooperative(NCTC)はそのメンバー会社がSony PlayStation VueとFuboTVを提供できるように7月に契約をした。イリノイ州のConsolidated Communicat

続きを読む →

PhiloもOTT多チャネルサービスを開始

大学のキャンパス向けにブロードバンドを使った多チャネルサービスを提供しているPhiloはコンシューマ向けにもサービスを開始した。サービスにはAMC、BBC America、MTV等の37チャンネルが含まれ、月額は$16と安い。さらに$4で9つのチャンネルを追加出来る。料金的には基本価格が$2

続きを読む →

多チャンネルサービス加入者

AT&TはU-verseからDirecTVへの加入の移行は順調と言っているが、AT&TのU-verse加入者は134,000世帯、DirecTVは251.000世帯を失い、AT&Tの既存の多チャンネルサービス加入者は385,000世帯減った。しかし、OTTベースの多チャンネルサービス、DirecTV Nowは296,000世帯増えたお陰で、全体では89,000世帯の減少となった。

続きを読む

FuboTV加入者が10万人を超える

OTT多チャンネルサービスのfuboTVはその加入者数が10万人を超えたと発表した。FuboTVはサッカー試合の配信を主体のサービスとして開始し、その後一般的なチャンネルも含むサービスになっているが、現在でもスポーツチャンネルが多い事を特徴にしている。料金は$40だが、ニューヨークでは地域の

続きを読む →

スポーツ無しの多チャンネルサービス

ESPN等のスポーツチャンネルは高価で多チャンネルサービスの価格を上げている。しかし、ライブのスポーツ番組が無ければ多チャンネルサービスは成り立たないとの意見もある。Comcastの大学キャンパス向けサービスのXfinity on Campusに競合するブロードバンドベースの多チャンネルサー

続きを読む →

OTT多チャンネルサービスの満足度

OTTベースの多チャンネルサービス加入者はまだ少ないが、その価値に対する漢族度は高い。The Diffusion Groupが2000人の大人を対象に行った調査によると、Sling TV、DirecTV Now等のサービスへの加入者は5%でしか無いが、その86%はサービスの価値に満足をしてい

続きを読む →

Verizonの問題

VerizonはOTTビデオに力を入れようとしているが、OTT多チャンネルサービスはまだ立ち上げる事が出来ず、Go90も低迷している。VerizonのOTTサービスはDirecTV Nowの他のサービスの様にライブチャンネルを配信するだけでなく、既存のSVODもサービス内でプレミアムチャンネ

続きを読む →

アンテナ視聴は増えるか?

アメリカのテレビ放送市場の大きな特徴は多チャンネルサービスが普及しており、地上波も多チャンネルサービスで再送信され、アンテナでの視聴が少ない事である。これには歴史的な背景がある。テレビ放送の開始時、放送局開設の申請が殺到し、放送局認可が一時ストップした。これを埋めたのがケーブルTVで、放送局のない地域に隣接地域からの放送を「輸入」した。放送局が開設された後でも、国土が広いアメリカでは電波が届かない地域も多く、放送の普及にはケーブルTVは不可欠であった。

その後、地上波の再送信だけでなく、HBO、ESPN等のケーブルTV専門のネットワークも誕生し、多チャンネルサービスに加入するテレビ世帯は増加を続け2009年に88%に達し、アンテナでのテレビ視聴者は少数派になる。ここ数年、多チャンネルサービスの加入率は減ってきたが、地上波アンテナ世帯は増えなかった。テレビを見るには多チャンネルサービスが当たり前であり、アンテナでテレビが見られると言う事を知らない人も少なくない。

続きを読む

ページ: 1 2 次へ

NSI ResearchとThe Compassについて

NSI Research, Inc.は1987 年に米国のシリコンバレーに設立された情報・通信・放送技術分野のマーケット調査とコンサルティング・サービスを提供する会社です。

The CompassNSI Researchが調査、制作しているデジタル放送とブロードバンドTV市場のニュースと分析サービスで、マンスリーレポートと年刊レポートで構成されています。

The Compassの詳細、購読方法に関してはこちらのページをご覧下さい。

NSI Research Inc.
5080 Shalen Ct., San Jose, CA 95130
compass@nsirinc.com

Login

カテゴリー

過去の記事