Netflix

最初に見るのはまだテレビ

Hub Researchが発表した調査結果「Decoding the Default」(http://hubresearchllc.com/reports/#)によるとブロードバンド世帯の86%は多チャンネルサービスに加入しており、その53%はDVRを使っている。多チャンネルサービスに加入している86%の世帯中、65%はSVODに加入しており、38%は2つ以上のSVODに加入している。複数のSVOD利用者は昨年から25%増えた。

SVODで利用者が最も多いのはNetflixで61%(昨年は57%)であった。2位はAmazon Prime Videoで36%(昨年24%)、3位はHuluで22%(13%)であった。3つのサービスに加入している世帯は6%で昨年の3%から倍増した。

最も重要なサービスは何であろうか? どれか1つだけしかサービス利用出来ないとしたら、どれを選ぶかの問ではテレビ放送が36%でトップであった。2位はNetflix、3位はDVRで利用者率と同じの順であるが、利用者率では22%と低いHuluが4位に入り、Amazon Prime Videoは多チャンネルサービスのVODより低かった。Huluの加入者は少ないが、Huluを頻繁に使っているのに対して、Amazon Prime Videoはやはり、Prime会員の「おまけ」と言う位置なのであろう。

続きを読む

Viacomは北欧でSVODを開始

DisneyがNetflixでの映画配信の契約を終了させ、独自のSVODを立ち上げるとのニュースでNetflixの株価は一時的に落ちた。Disneyの映画を失う事は大きなインパクトである。しかし、契約が切れるのは2019年であり、まだ2年先の事であり、対応する時間は十分にある。また、失うのは

続きを読む →

欠かせないTVチャンネル

Solutions Research Groupは過去10年間、欠かす事の出来ないテレビチャンネルのランキング「Must Keep TV」を発表してきた。今年から初めて放送チャンネルだけでなく、Netflix、Amazon、Huluの3大SVODサービスも加えられた。この結果、トップ3はAB

続きを読む →

Netflixの加入者が1億を超える

Netflixの第2四半期の加入者数の増加はNetflix目標の320万人を大きく超えた520万人(有料加入者は467万人)であった。これにより、有料加入者数は9904万人で、1億人超えが目前になった(試し期間を含めた加入者は1.04億)。有料加入者の増加はアメリカ国内が95万人に対し、海外は372.5万人で、海外の加入者増加が大きかった。Q2での加入者数は国内は無料を含め5192万人で、有料は5032万人、海外は無料を含め5203万人、有料は4871万人であった。試し期間を含めた加入者数では海外がアメリカ国内を抜いたが、有料加入者ではまだ国内が多い。しかし、海外の加入者が国内を抜くのは今年のQ4と予想されていたので、海外の加入者増加は予想を上回っている。

続きを読む

TV番組のブランド認知度

テレビネットワークはNetflixがTV番組をストリーミングする事に対し、最初は新たな番組の再利用の方法として積極的に協力をした。しかし、Netflixで過去の番組を配信する事はネットワークのブランド認知度向上には大した貢献はしなく、Netflixのブランド力を高めてるだけである事に気づきはじめ、関係は冷え込む。これにより、テレビネットワークはNetflixへの番組提供を減らし始めるが、それにNetflixがオリジナル番組制作に力を入れる事となっている。

テレビネットワークとNetflixでは番組のブランド認知度はどれ程違うのであろうか? メディア向けのマーケティングとプロモーション会社のAnatomy Mediaは3100人のミレニアル世代(18~34歳)を対象に調査をした。調査ではTV番組がどのネットワーク、あるいはSVODサービスの物かであるが分かるかを調べた。

続きを読む

多チャンネルサービスへの脅威はHulu

Netflixの普及により多チャンネルサービスの必要性が減り、コードカッティングが起きると恐れられていた。多チャンネルサービスは加入者を失っているが、その減少は劇的ではない。ComScoreが発表した「State of OTT」(https://goo.gl/c3Hp9q)によるとOTTを視聴している世帯における多チャンネルサービス加入率は66%である。全世帯における多チャンネルサービス加入率は80%であるので、OTT世帯における多チャンネルサービス加入率は低い。OTT利用者で多チャンネルサービスに加入していない34%の世帯の内訳は16%がストリーミング+地上波で、18%は完全にストリーミングであり、地上波との併用を少しだが上回っている。


ComScore

続きを読む

NetflixがケーブルTVを抜く

StatistaによるとNetflixの加入者数が大手ケーブルTV事業者の合計加入者数を追い抜いた。ケーブルTVへの加入者は2012年から400万世帯減り、Netflix加入者は2700万世帯増えた。

続きを読む →

Netflixのインタラクティブ番組

Netflixは同社初のインタラクティブな番組の配信を開始した。番組は子供向けの「Puss in Book」で、これに続き「Buddy Thunderstruck」等も予定されている。Netflixはインタラクティブな番組としては子供向けが適しており、現時点では子供向け以外のインタラクティブ

続きを読む →

Redboxがキオスクを増やす

自動キオスクでディスクをレンタルしているRedboxはNetflixと共に店舗でのディスクレンタル事業を破綻させた会社である。しかし、そのRedboxもSVOD、TVODの普及によりディスクでの視聴が減り、勢いが失せている。2016年にはRedbox親会社のOuterwallはエクイティ・フ

続きを読む →

NetflixのAmazon Prime Videoの評価

NetflixのCEO、Reed HastingsのAmazon Prime Videoに対する評価は大きくと変わってきている。Prime Videoとしてサービスが開始された翌年の2012年では「Confusing mess(めちゃくちゃ)」と酷評した。数年後にはAmazon Prime

続きを読む →
ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 ... 20 21 22 次へ

NSI ResearchとThe Compassについて

NSI Research, Inc.は1987 年に米国のシリコンバレーに設立された情報・通信・放送技術分野のマーケット調査とコンサルティング・サービスを提供する会社です。

The CompassNSI Researchが調査、制作しているデジタル放送とブロードバンドTV市場のニュースと分析サービスで、マンスリーレポートと年刊レポートで構成されています。

The Compassの詳細、購読方法に関してはこちらのページをご覧下さい。

NSI Research Inc.
5080 Shalen Ct., San Jose, CA 95130
compass@nsirinc.com

Login

記事の検索

- 複数のキーワードが入力された場合は、「AND」で検索します。キーワード間のスペースは全角、半角の両方が使えます。
- 検索対象は記事内だけです。
- カテゴリーを選ぶことで、検索を記事分類で絞れます。
- 結果は最も新しい記事から表示されます。
- 記事の投稿日で絞り込む場合はX日から、X日の項目にyyyy-mmの書式(例、2009年1月は2009-01)で日付を入れて下さい。日付はハイフンを含めて半角で入力して下さい。

カテゴリー

過去の記事