Hulu

最初に見るのはまだテレビ

Hub Researchが発表した調査結果「Decoding the Default」(http://hubresearchllc.com/reports/#)によるとブロードバンド世帯の86%は多チャンネルサービスに加入しており、その53%はDVRを使っている。多チャンネルサービスに加入している86%の世帯中、65%はSVODに加入しており、38%は2つ以上のSVODに加入している。複数のSVOD利用者は昨年から25%増えた。

SVODで利用者が最も多いのはNetflixで61%(昨年は57%)であった。2位はAmazon Prime Videoで36%(昨年24%)、3位はHuluで22%(13%)であった。3つのサービスに加入している世帯は6%で昨年の3%から倍増した。

最も重要なサービスは何であろうか? どれか1つだけしかサービス利用出来ないとしたら、どれを選ぶかの問ではテレビ放送が36%でトップであった。2位はNetflix、3位はDVRで利用者率と同じの順であるが、利用者率では22%と低いHuluが4位に入り、Amazon Prime Videoは多チャンネルサービスのVODより低かった。Huluの加入者は少ないが、Huluを頻繁に使っているのに対して、Amazon Prime Videoはやはり、Prime会員の「おまけ」と言う位置なのであろう。

続きを読む

増えるHuluの赤字

Huluの財務は公開されていないが、BTIG Research社が親会社のDisney、Comcast、Fox、Time Warnerの財務報告から分析した結果によると、Huluの赤字は2016年前半の$7200万から81%増え、$1.95億になっている。Huluは以前からのABC、NBC、

続きを読む →

HuluがFoxのライブラリーを得る

Hulu、それにHulu with Live TVのコンテンツが大きくと増えた。Huluはその投資者の1社であるFoxから最近のヒットの「Bones」、名作の「M*A*S*H」等の26番組、3000以上のエピソードを得た。Huluはまた、Hulu TVのためにHBOと契約し、HBO、それにC

続きを読む →

多チャンネルサービスへの脅威はHulu

Netflixの普及により多チャンネルサービスの必要性が減り、コードカッティングが起きると恐れられていた。多チャンネルサービスは加入者を失っているが、その減少は劇的ではない。ComScoreが発表した「State of OTT」(https://goo.gl/c3Hp9q)によるとOTTを視聴している世帯における多チャンネルサービス加入率は66%である。全世帯における多チャンネルサービス加入率は80%であるので、OTT世帯における多チャンネルサービス加入率は低い。OTT利用者で多チャンネルサービスに加入していない34%の世帯の内訳は16%がストリーミング+地上波で、18%は完全にストリーミングであり、地上波との併用を少しだが上回っている。


ComScore

続きを読む

HuluもOTT多チャンネルサービスに参入

HuluもついにOTTベースのバーチャル・多チャンネルサービスへ参入した。サービスはベータとなっているが、機能が限定されていることはなく、誰でも加入する事が出来る。Hulu with Live TVの料金はOTT多チャンネルサービスとしては平均的な$40で、主要な50程度の多チャンネルサービスネットワーク、4大地上波ネットワーク、HuluのSVODサービス、それに50時間のクラウドDVRが含まれる。地上波の同時配信はネットワークと加盟局が契約出来ている地域に限られる。有料追加チャンネルとしてはShowtimeが$9で提供されている。Huluに投資しているABC、NBC、Fox系の主要な多チャンネルサービスのネットワークはあるが、MTV、Nickelodeon、Comedy Central等のViacom系ネットワーク、AMC系ネットワーク、Discovery系ネットワーク、それにShowtime以外のHBO等の有料チャンネルが無い。

続きを読む

Hulu TVとYouTube TVはViacom無し

近日中にサービス開始予定のOTT多チャンネルサービスのHulu、それにサービスを開始したYouTube TVのどちらにもViacom系のチャンネルが無い。MTV、Comedy Central、Nickelodeon等のチャンネルを持つViacomは、チャンネルをバンドルして売るのが戦略である

続きを読む →

アメリカのOTT利用者規模

調査会社のeMarketerによると2016年のアメリカのOTT利用者数は1.88億人で、前年から3.5%の成長をした。最も利用者が多いのはYouTubeで、OTT利用者の96%が使っている。2位はNetflixで64%の利用率がある。しかし、昨年からの成長率としてはAmazonが16.5%

続きを読む →

HuluのOTT多チャンネルサービス

HuluはOTTベースの多チャンネルサービスを数ヶ月以内に開始すると正式に発表し、100人程度のベータテストを開始した。サービス料金は発表されていないが、$40前後と推測されている。既存のHuluのオンデマンドサービスが料金に含まれること、それにクラウドDVR機能も含まれる事が発表されている

続きを読む →

4Kへの対応

YouTubeは2010年から4K対応にして来たが、新たにライブストリーミングも4K対応にした。通常のフォーマットだけでなく、360°ビデオにも対応する。12月1日のGame Awardsが最初の4Kでのライブストリーミングになった。 Huluも4K配信を開始した。オリジナル番組の「The

続きを読む →

Huluが無料サービスから撤退

Huluは無料サービスの廃止を発表した。Huluは2015年4月にHulu Plusの名称を止め、Huluに統一した時点で、有料サービスを主体にし、無料サービスは有料サービスのサンプル的な扱いなったが、今回で完全に無料サービスが無くなった。Huluの設立目的は無料で見逃し視聴を提供するもので

続きを読む →
ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ

NSI ResearchとThe Compassについて

NSI Research, Inc.は1987 年に米国のシリコンバレーに設立された情報・通信・放送技術分野のマーケット調査とコンサルティング・サービスを提供する会社です。

The CompassNSI Researchが調査、制作しているデジタル放送とブロードバンドTV市場のニュースと分析サービスで、マンスリーレポートと年刊レポートで構成されています。

The Compassの詳細、購読方法に関してはこちらのページをご覧下さい。

NSI Research Inc.
5080 Shalen Ct., San Jose, CA 95130
compass@nsirinc.com

Login

記事の検索

- 複数のキーワードが入力された場合は、「AND」で検索します。キーワード間のスペースは全角、半角の両方が使えます。
- 検索対象は記事内だけです。
- カテゴリーを選ぶことで、検索を記事分類で絞れます。
- 結果は最も新しい記事から表示されます。
- 記事の投稿日で絞り込む場合はX日から、X日の項目にyyyy-mmの書式(例、2009年1月は2009-01)で日付を入れて下さい。日付はハイフンを含めて半角で入力して下さい。

カテゴリー

過去の記事