視聴調査

最初に見るのはまだテレビ

Hub Researchが発表した調査結果「Decoding the Default」(http://hubresearchllc.com/reports/#)によるとブロードバンド世帯の86%は多チャンネルサービスに加入しており、その53%はDVRを使っている。多チャンネルサービスに加入している86%の世帯中、65%はSVODに加入しており、38%は2つ以上のSVODに加入している。複数のSVOD利用者は昨年から25%増えた。

SVODで利用者が最も多いのはNetflixで61%(昨年は57%)であった。2位はAmazon Prime Videoで36%(昨年24%)、3位はHuluで22%(13%)であった。3つのサービスに加入している世帯は6%で昨年の3%から倍増した。

最も重要なサービスは何であろうか? どれか1つだけしかサービス利用出来ないとしたら、どれを選ぶかの問ではテレビ放送が36%でトップであった。2位はNetflix、3位はDVRで利用者率と同じの順であるが、利用者率では22%と低いHuluが4位に入り、Amazon Prime Videoは多チャンネルサービスのVODより低かった。Huluの加入者は少ないが、Huluを頻繁に使っているのに対して、Amazon Prime Videoはやはり、Prime会員の「おまけ」と言う位置なのであろう。

続きを読む

2017/18年期のテレビ視聴世帯は1.196億

Nielsenは9月かか始まる2017-2018年のテレビシーズンの視聴率ベースとなるテレビ世帯数は前年期の1.184億から1%アップの1.196億世帯になると発表した。テレビ世帯に住む2歳以上の人口は3.045億人で前年期から0.9%増えた。Nielsenのテレビ世帯にはテレビを保有し、地

続きを読む →

家の外で視聴されているコンテンツ

Nielsenは家の外で視聴されているビデオコンテンツの視聴時間の統計を発表した。家の外での視聴にはモバイルデバイスでの視聴だけでなく、バー、ジム、飛行場のロビー等のテレビも含まれる。これによると最も視聴時間が多いコンテンツはスポーツ中継で2時間37分の視聴があり、合計する事で、家だけでの視

続きを読む →

テレビ視聴時間減少が加速

2014年からテレビ放送(タイムシフト含む)の視聴時間は減少をして来た。Nielsenの「Total Audience Report Q1 2007」(https://goo.gl/pFyWpW )によると、2017年第1四半期の月間平均視聴時間は141時間40分、2014年Q1の159時間7分から17時間以上減っている。視聴時間の減少に加えて、四半期毎の増減パターンに変化が出ている。

増減の大きなパターンは第1と第4四半期の視聴時間が多く、第2と第3四半期が低い事である。アメリカの放送シーズンは8月に開始するので、第3四半期の視聴時間は高く、気候的に家にいる時間が長い第1四半期にピークに達する。そして、天気が良くなり、放送シーズンが終了する第2四半期に大きくと視聴時間が減る。夏の間は再放送番組が主体だが、夏休みで学生が家にいる時間が増えるので、第3四半期は多少視聴時間が増えるのが過去のパターンであった。


Nielsen

続きを読む

視聴されているチャンネルは10%以下

Nielsenの「Total Audience Report Q2 2016」(https://goo.gl/eIa2Wi)によると、2016年に多チャンネルサービス加入者が受信可能なチャンネル数は205.9チャンネルで前年同期の208チャンネルより僅かであるが数が減った。コンテンツ料金が高騰する事で多チャンネルサービスの料金も値上げしており、チャンネル数の少ないパッケージにダウンサイズする世帯が出ている。

視聴可能な205.9チャンネルの内、実際に視聴されているチャンネルは19.8チャンネルで、比率としては9.6%であった。視聴可能なチャンネルの内、見られているチャンネルの率が9.6%である事は2015年と同じである。2014年は197.4チャンネルが視聴可能で、視聴されていたのはその10.6%にあたる20.9チャンネルであった。見る事が出来るチャンネルは増えたが、視聴されるチャンネルは減った訳である。 続きを読む

日記式の視聴者調査が終わる

テレビ視聴調査を行っているNielsenはやっと紙の日記式の視聴者調査をやめ、すべて電子化する。Nielsenは210地域中の70地域では調査は100%電子化されているが、140の小規模の地域ではまだ日記式の調査も併用されていた。これらの地域でも2017年中に電子ベースに移行し、2018年始

続きを読む →

放送が抱える大きな問題

4月に開催されたNABの参加者数は103,012人で、昨年(103,119人)とほぼ同じであった。出展者数は 1,874社で、昨年の1,789社より5%増えた。NABの大きな話題はIPへの移行であった。IP化はここ数年の話題であるが、昨年のNABでDisney/ABCがプログラミングから送出までフルIP化する事を発表したように、将来の技術では無く、現実的なソリューションになっている。

IP化の背景にはテレビ番組の視聴が放送からストリーミングに急速に進んでいる事がある。先月号で書いた様に、テレビ放送(ライブ+タイムシフト)視聴の時間が減っており、特に12歳から34歳での視聴時間が大きくと減っている。

続きを読む

ComScore、NielsenがDishと契約

テレビの視聴率調査はまだ郵便でも行われているが、プログラマティックな広告販売をするにはリアルタイム性が不可欠になる。Nielsenの独占であった視聴率調査の分野にリアルタイム性を重視したComScore、TiVo等が参入を始めている。ComScore、Nielsen共にSTBからのリアルタイ

続きを読む →

続くテレビ視聴者の減少

Nielsenの統計によると、3013年第1四半期のテレビ放送の視聴者は2.829億人で、前年同期の2.833億人から減少をしている。視聴者の減少は2年以上続いている。減少をしたのはテレビ放送視聴者だけでなく、DVD/Blu-rayの視聴者、ゲームコンソルの利用者、インターネットビデオの視聴者も前年度から減っている。

画像メディア利用者数(1000人)

 

2013年1Q

2012年1Q

テレビ放送

282,949

283,302

タイムシフト視聴

166,088

145,553

DVD/Blu-ray

152,467

159,980

ゲームコンソール

99,275

102,633

インターネットビデオ

155,169

162,523

モバイルビデオ

45,319

35,957

Nielsen

続きを読む

Nielsen: Arbitronを買収、Twitterと協力

アメリカのテレビの視聴率調査ではディファクトのNielsenは、ラジオ聴取率調査のArbitronを$12.6億で買収した。視聴率調査では、Nielsenの独占であったが、最近、RentrakのSTBからのデータを使った調査が競合になっている。モバイルDTVのサービスを開始しているMobil

続きを読む →

NSI ResearchとThe Compassについて

NSI Research, Inc.は1987 年に米国のシリコンバレーに設立された情報・通信・放送技術分野のマーケット調査とコンサルティング・サービスを提供する会社です。

The CompassNSI Researchが調査、制作しているデジタル放送とブロードバンドTV市場のニュースと分析サービスで、マンスリーレポートと年刊レポートで構成されています。

The Compassの詳細、購読方法に関してはこちらのページをご覧下さい。

NSI Research Inc.
5080 Shalen Ct., San Jose, CA 95130
compass@nsirinc.com

Login

記事の検索

- 複数のキーワードが入力された場合は、「AND」で検索します。キーワード間のスペースは全角、半角の両方が使えます。
- 検索対象は記事内だけです。
- カテゴリーを選ぶことで、検索を記事分類で絞れます。
- 結果は最も新しい記事から表示されます。
- 記事の投稿日で絞り込む場合はX日から、X日の項目にyyyy-mmの書式(例、2009年1月は2009-01)で日付を入れて下さい。日付はハイフンを含めて半角で入力して下さい。

カテゴリー

過去の記事