統計

多チャンネルサービスへの脅威はHulu

Netflixの普及により多チャンネルサービスの必要性が減り、コードカッティングが起きると恐れられていた。多チャンネルサービスは加入者を失っているが、その減少は劇的ではない。ComScoreが発表した「State of OTT」(https://goo.gl/c3Hp9q)によるとOTTを視聴している世帯における多チャンネルサービス加入率は66%である。全世帯における多チャンネルサービス加入率は80%であるので、OTT世帯における多チャンネルサービス加入率は低い。OTT利用者で多チャンネルサービスに加入していない34%の世帯の内訳は16%がストリーミング+地上波で、18%は完全にストリーミングであり、地上波との併用を少しだが上回っている。


ComScore

続きを読む

家庭にはいくつのスクリーンがある?

家庭にあるスクリーン(画面)の数は増えている。4人家族であれば、2台はテレビがあるであろう。コンピューターも2台はある。さらにタブレット、スマートフォンが数台あるであろう。ReportLinkerの調査(https://goo.gl/4BQf9q)ではアメリカの世帯における平均スクリーン数は7.3台である。最も保有率が高いのはテレビで93%が保有している。2位はスマートフォンで79%の世帯にある。 続きを読む

4K TVの普及率は16%

Consumer Technology Association(CTA)が発表した「19th Annual Consumer Technology Ownership」によると、4KにはTVの普及率は昨年の7%から倍以上増え、16%に達した。1年以内の4K TV購入予定者は11%になっている

続きを読む →

コネクテッドTV利用者は56%

Internet Advertising Bureauの「The Changing TV Experience: 2017」(https://goo.gl/sGJc55)によるとコネクテッドTV保有者は18歳の56%に達しており、2015年の36%から大きくと増えた。コネクテッドTVとはスマ

続きを読む →

多チャンネルサービス市場の変化

多チャンネルサービス市場が大きく変化をし始めている。1つの動きはOTTベースの多チャンネルサービスの登場である。Leichtman Research Group(LRG)社の推定ではSling TVとDirecTV Nowの2つのサービスだけで、2016年末での加入者は138万世帯になっている。

OTT多チャンネルサービスの増加は84.5万世帯で、19.1万世帯の衛星放送を超え、最も加入者の増加が多かったサービス形態となっている。しかし、OTT多チャンネルサービスを加えても多チャンネルサービス事業者の合計加入者数は9,363.4万世帯で、2015年末からは79.7万世帯を減少をしている。OTT多チャンネルサービスを除くと164.2万世帯を失った事になる。

続きを読む

テレビ放送とOTT視聴

2016年第4四半期に於けるテレビ放送(ライブとタイムシフト)の月間平均視聴時間は142時間35分で、前年同期から5時間近い減少をした。2012年第4四半期の156:24時間からは14時間近い減少となっている。減少が多いのは34歳以下で、18歳から24歳の層では視聴期間が昨年から9時間22分へっている。


Nielsen

続きを読む

アメリカのOTT利用者規模

調査会社のeMarketerによると2016年のアメリカのOTT利用者数は1.88億人で、前年から3.5%の成長をした。最も利用者が多いのはYouTubeで、OTT利用者の96%が使っている。2位はNetflixで64%の利用率がある。しかし、昨年からの成長率としてはAmazonが16.5%

続きを読む →

スマートホーム製品の普及

調査会社のParks Associatesにとるとブロードバンド世帯の26%がスマートホーム製品を持っている。昨年の普及率は19%で、37%の成長をしている。iControlを買収したComcast、他の多チャンネルサービス事業者にスマートホームソリューションを提供し始めている。Amazon

続きを読む →

コネクテッドTVの普及率は74%

The Diffusion Groupによるとインターネット接続されたTV(スマートTV、あるいはストリーミング・プレーヤ等を使っての接続)はアメリカのブロードバンド世帯の74%に普及しており、成長はスローダウンし始めている。2015年から2016年では4%ポイントの成長しか無かった。 Th

続きを読む →

スマートウオッチ市場は1%増

第4四半期にApple Watchが売れたことで、2016年のスマートウオッチ市場は2015年を下回る事は免れたが、成長率はたったの1.4%であった。 スマートウオッチの世界市場(出荷台数: 100万台)   2015年Q4 2015年全体 2016年Q4 2016年全体 Appl

続きを読む →
ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 ... 30 31 32 次へ

NSI ResearchとThe Compassについて

NSI Research, Inc.は1987 年に米国のシリコンバレーに設立された情報・通信・放送技術分野のマーケット調査とコンサルティング・サービスを提供する会社です。

The CompassNSI Researchが調査、制作しているデジタル放送とブロードバンドTV市場のニュースと分析サービスで、マンスリーレポートと年刊レポートで構成されています。

The Compassの詳細、購読方法に関してはこちらのページをご覧下さい。

NSI Research Inc.
5080 Shalen Ct., San Jose, CA 95130
compass@nsirinc.com

Login

記事の検索

- 複数のキーワードが入力された場合は、「AND」で検索します。キーワード間のスペースは全角、半角の両方が使えます。
- 検索対象は記事内だけです。
- カテゴリーを選ぶことで、検索を記事分類で絞れます。
- 結果は最も新しい記事から表示されます。
- 記事の投稿日で絞り込む場合はX日から、X日の項目にyyyy-mmの書式(例、2009年1月は2009-01)で日付を入れて下さい。日付はハイフンを含めて半角で入力して下さい。

カテゴリー

過去の記事